年長だより

過去ブログはこちら

最新の記事

みなさん、本当にありがとうございました。明日、卒園します!(年長)

楽しかった幼稚園とも、明日でお別れ。
 今までお世話になった方々にお礼を伝え、心に残る「ことば」をたくさんいただきました。

   

 

年中、年長でお茶のお作法を教えてくださった勝田先生、上田先生。いつもきれいな着物を着て迎えてくださいました。

「茶道は相手を大切にする心、思いやる心なんですよ。」

「みなさんがおいしいと言っていたお菓子は、ひとつひとつ職人さんの心をこめた手作りです。見えないところで、尽くしてくださる方がおられます。職人さんにみなさんの今日の気持ち、伝えますね。」とも。先生の教えてくださった心、これからも大切にします。
 

  

年少のころから英語の時間に来てくれたローレンス先生。ギター、ボディパーカッション、パペットとのやりとり、お絵かき…器用でユーモアいっぱいの先生の授業はとても楽しかったね。

「みんなのことが大好きだったよ!英語が話せると、世界中の人と友だちになれるんだ。世界に友だちをつくり、豊かな人生を送ってね!」

 

  

からだ全部で音楽を楽しむことを教えてくれた山地先生。最後の授業は、ボール、フープ、スカーフ、楽器を使い、自分たちで考える「表現の会」で大盛り上がりしたね。

「今まで知らなかったことを知るって本当に楽しいよね。先生もまだ勉強しているんだ。今は、スマホやパソコンでわからないことはすぐに調べられるけれど、本当に知るっていうのは、自分の体で体験したり、本を読んだときにできるものなんだよ。」

 

  

いつも手作りで教材を作って、ひとりひとりとのやりとりを毎回、丁寧にしてくれた英語のさちこ先生。

「みんなは一年で、英語の物語を話せるようになったよね。ぜひ、“自信”を持ってくださいね。自信を持つこと、自分の意見を持つこと、そして互いの価値観を認め合うことは本当に大切なんだ。」

  

事務局の方々、ガードマンさん、本当にお世話になりました。

「おめでとうございます。体を大切に、たくさん勉強して立派になってくださいね。明日の卒園式を楽しみにしています。」

  

園庭、園内をいつも整備し、お芋の苗植えや、虫のこともたくさん教えてくださった藤本さん、雲雀丘花屋敷駅の駅員さん、ありがとうございました。

「健康に気をつけて大きくなってください。」「これからも阪急電車を使ってくださいね。」

 

     

いつも“みんなの先生”としてたくさん遊び、助けてくださった佐藤先生。ぼくたちと一緒に学園幼稚園を卒園し、4月から中山台幼稚園の方に行くというので、年少、年中、年長みんなで集まってお別れ会をしました。

「先生はひとりひとりと話しができる“絵本の時間”が大好きでした。幼稚園でみんなと会うと本当に力が出るの。みんなは、いてくれるだけで誰かを元気にする力があるんだよ。本当にありがとう。」

 

最後の卒園式の練習。明日は休園の年少さんが同席し見守ってくれたよ。練習後、「年長さん、今まで本当にありがとう。」ということばのプレゼントまでもらったんだ。

 

大好きなみなさん、本当にお世話になりました。みなさんからの愛情をいっぱいいっぱい受けて、こんなに大きくなりました。

明日、私たち67名は卒園します。本当にありがとうございました。