保育の特長

雲雀丘学園幼稚園ってどんなとこ?

創立の精神である「孝道」「親孝行」、「挨拶」を大切にします。

雲雀丘学園の初代理事長・鳥井信治郎は「親孝行な人はどんなことでもりっぱにできます」が口ぐせでした。その思いを受け継ぎ、私たちは今も親を大切に思い、敬う心を育む人間教育を第一としています。そして、人間教育のひとつとして、「挨拶」の重要性を子どもたちに伝え、その実践につとめています。園内にはいつも、子どもたちの元気なあいさつの声が響いています。「おはようございます」「ありがとうございました」「さようなら」。元気なあいさつを通して心を通わせながら、子どもたちの豊かな心が育まれることを願っています。

伝統文化を通して豊かな心を育み、グローバルな感性も身につけます。

幼児期から日本の伝統文化に親しむことで、豊かな心と感性を育むことに力を入れています。一方でグローバル化を見据え、小学校から始まる英語教育につながる英語レッスンも強化しています。

お茶

園内にある告天舎という茶室で月1回程度、お茶のおけいこを行います。年中・年長の2年間日本の伝統文化を通じて礼儀や作法を学び、おもてなしの心を身につけます。卒園するときには「卒園記念茶会」も開き、保護者の方々に園児たちがお点前を披露します。

英語

年少では、外国人の先生と歌やゲームを楽しみながら英語に「慣れ親しむ」こと、年中、年長では、日本人の先生と大量の英語を「聞き」まとまりのある英語を自然な速さで「話す」、手話を使って「表現する」ことを目標として取り組みます。

小学校以降も大きく伸び続ける基礎となる力を育てます。

楽しく遊び感覚で、心や知性を磨くユニークなプログラムを取り入れ、子どもたちの将来につながる基礎力をしっかりと養っていきます。

ことばの時間

美しい日本のことばを楽しむ時間は心をゆたかにします。ゆたかな土壌づくりがあってこそ、根が深く張り、青々とした強い芽がすくすくと育ちます。瞑想は心身の姿勢を正しくし、自己コントロールする力を育みます。ことばも瞑想も日々の積み重ねが大切です。

体育遊び

毎日の体育遊びを通して脳や全身の機能器官を育みます。体力や技能の向上のみを追いかけることなく、人間教育につながる体育遊びを行います。仲間との社会性や共感性、自ら熱中する力、困難に対応し乗り越えられる逞しさと危険を回避できる力が備わってきます。

音楽

クラス担任の歌やピアノの指導とは別に、音楽の専門家を招き、月1回程度、音楽のレッスンを開いています。歌やリズム、さまざまな楽器を通して自己表現する喜びを感じたり、友達と一緒に活動しながら、音楽の楽しさを体で感じてもらうための時間です。