園での生活を見てみよう!

過去ブログはこちら

園での生活を見てみよう!
園での生活を見てみよう!

【食育】今日はカレーパーティ

 5月にみんなで畑の土から引っこ抜いたタマネギ。ひと月の間、年長クラス前のテラスでよく干されて、美味さがギュッギュッと詰まっています。昨日は年長さんたちが薄皮をむき、包丁でサクサクと程よい大きさにカットしてくれました。
そして今朝、にんじん、じゃがいも、炒めたお肉といっしょにグツグツと煮込んでいると、ぼわーぼわーと湯気があがり、ドア越しに「あー、いいにおい!」という子どもたちの声が聞こえてきました。年少さんの様子をみますと、みんなとっても静かです。カレーライスへの期待感で「ごくっ」という喉がなる音も聞こえてきそう。食べ始めてもやっぱり静か!いつもはお話に花がさく昼食タイムですが、もぐ、もぐ、もぐ、もぐ、お話どころではないのですね。「おかわりー!」元気な声が響きました。
半年かけて実ったタマネギさん、ありがとう。太陽の光、土の力、雨への感謝、いろんなことが感じられたカレーパーティでした。
 ▼玉ねぎ切り、左手は猫の手!       ▼玉ねぎの皮むき、目にしみるねぇ
sタマネギのカット sCIMG3297

 ▼先生のお手本、しっかり見てます
先生のお手本1sCIMG3322

sCIMG3325 sCIMG3326

 昨日はPTA教養委員会さん主催の『給食試食会・食育講話』がありました。給食でお世話になっている富喜屋の宮崎社長から、本園で週3日提供している給食に込めた考えや思いをお話しいただき、実際の園児給食を試食しながら、質疑応答をおこないました。「冷凍加工食品やうま味調味料は使わず、自然の出汁の味を知ってもらいたい。いろいろな食材(肉類、野菜・根菜、海藻類に豆類、シイタケなど)、いろいろな調理方法(煮物・焼き物・揚げ物に酢の物など)を経験してもらいたい。」「日本の食卓での作法である三角食べは口中調味という意味があります。」「給食に栄養価のないゼリーや缶詰フルーツは入れませんが、お家でいただくお菓子は心の栄養です。」などたくさん示唆に富むお話がありました。最後にこの日の給食の献立は「牛肉とごぼうの煮物」「手作りコロッケ」「切り干し大根とハムの中華炒め」「いんげんのアイオリー和え」「カットコーン」でした。あるお母さまから「年長で前歯が抜けました。今日はカットコーンが食べられないと思う。コーンが大好きな子なので残念がっていると思います。」という感想があり、社長は「なるほど、そういうことまでも考えなきゃいけませんね。」と共感してくださっていました。園としても皆さんのお声や疑問に丁寧にお答えしていきたいと思います。

     ▼給食試食会の様子           ▼子どものお弁当型給食
s給食試食会の様子 s子どものお弁当型給食