園での生活を見てみよう!

過去ブログはこちら

園での生活を見てみよう!
園での生活を見てみよう!

ほたるもそろそろ終わり(園長)

 日本の暦を意識して暮らしていますと、月日の経つことが本当に早いなと痛感します。今は二十四節季の「芒種」で田植えの頃、七十二候では「蟷螂生ず」「腐れたる草 蛍となる」と過ぎて今日から「梅のみ 黄ばむ」に入りました。わずか5日ほどの間の、ちょっとした季節の移り変わりを見事にとらえた日本人の感性にも感心します。
今日、年中は茶道がありました。活けられたお花は「半夏生」、白い花と、その横の1つだけ白い葉っぱを見ますと、ふっと涼しい風が吹いたきたように感じます。お菓子は「早苗」、田植えのすんだ田の上をツバメがすいすいと飛んでいました。あと7日もすれば「夏至」ですね。
年長は運動場で体育あそび、その後は遊戯室・玄関ホールで縄跳びです。鍵盤ハーモニカの演奏練習にも連日取り組んでいます。サントレの時間では「猿とカエルのちえくらべ」のお話しを漢字交じり文で楽しんでいます。子どもたちの成長は季節を追い越す勢いです。「ほたるもそろそろ終わり」などと悠長なことは言っておれませんね。

  ▼ 山地先生の音楽、楽しいね♪     ▼ 手作りの鍵盤、覚えたかな?
sCIMG3157 sCIMG3191

   ▼ 広い園庭で体操あそび        ▼  角谷先生や先生と頑張ったよ!
sCIMG3174 sCIMG3178

▼ サントレの教材をお部屋に貼っています  ▼ カードを声に出して読みます
sCIMG3190 sCIMG3161

  ▼ 茶道のお花とお菓子
sCIMG3185