園での生活を見てみよう!

過去ブログはこちら

園での生活を見てみよう!
園での生活を見てみよう!

観察と実体験について(園長)

先日の理科実験課外教室で、子どもたちは虫眼鏡と顕微鏡を使って、オオカナダモ(金魚鉢などに入れる水草)を調べていました。一人一つずつ虫眼鏡を持って観察したあと、3人一組で意見交換をし、代表を決めて発表していきます。
「葉の根元に黒いものがついている。」「アスパラガスみたい。」「葉っぱに線が入っている。」などなど
先生は「うんうん、そうでしたか。」「なるほどね。良く見えたね。」など、みんなの発表をきちんと拾い上げてくださっていました。このあと顕微鏡っていう機械で見ると、また今とは違う発見があるかもしれないよ。

私は先日来、年長の子どもたちと、アサガオやアジサイやたんぽぽの花、それとサツマイモのお芋と葉っぱと組み合わせるクイズをやりました。なかなか全問正解は難しく、子どもたちの自然体験の豊かさや観察眼には随分と個人差があることがわかりました。

朝、虫かごや水槽を持って登園してくる子が何人もいます。中を覗くと、ザリガニ・ヒキガエル・トノサマガエルとおたまじゃくし、モンシロチョウ・アゲハチョウ・カミキリムシ、中にはカマキリの卵などもありました。また園庭に出て、柿の実の赤ちゃんやビワの実、少し色づいていい匂いのする梅の実を集めてお家に持って帰ります。これらは全部、現物であり本物です。間近に見て手にとって五感を総動員して味わうことができます。

ここで私は一つ問題があることに気がつきました。それは、先日の子どもたちとのクイズで、図鑑からとったコピーを使ってやったことです。これは一部分だけを切り取った嘘ものでした。反省!!!さっそくみんながよく見えるように、外玄関の階段横にアサガオを置き、紫陽花の鉢を内玄関の中に(今は告天舎への道端に直植えました)飾りました。各クラスではひまわりやイチゴやトマトを栽培し、毎朝の水やりをしています。現物・本物に触れ、実体験を伴ってこそほんものの学びだと痛感しています。次回の理科実験教室は「ザリガニの観察」です。

sCIMG3132 sCIMG3127

sCIMG3128 sCIMG3131

アジサイの花が咲き始めました

アジサイの花が咲き始めました

くちなしの花が満開です

くちなしの花が満開です

色づいて来た青梅

色づいてきた青梅

どくだみの花

どくだみの花

朝顔、何色の花が咲くかな?

朝顔、何色の花が咲くかな?

玄関の花壇、キレイですね!

玄関の花壇、キレイですね!