園での生活を見てみよう!

過去ブログはこちら

園での生活を見てみよう!
園での生活を見てみよう!

子どものひそやかな想いを聴こう!(園長)

今年の作品展は26日(土)午前9時30分から11時30分まで、幼稚園遊戯ホール・玄関ホールと保育室を使って開催します。園児とともにたくさんのご家族にご来園いただきたいと思います。未就園のお子さまも見に来てくださるとうれしいです。
考えてみると運動会や発表会(本園では「表現の会」と言います)では子どもたちの姿が直接目の前にあります。その表情や声、動きに対して「立派だなあ!」と感嘆したり感動したりします。
作品展ではどうでしょう。子どもたちは私たちと同じ側にいて、目の前には絵画や粘土製作などが並んでいるだけです。その作品に子どもたちの想いを語ってもらおうという試みです。その声はひそやかで、こちらから迫って行かないとなかなか聞こえてきません。
すごく大きな共同作品というものはそのスケールの大きさで吃驚させてくれますが、子ども一人ひとりの想いからは遠くなっているのではないか。子どものスケールを超えてしまい、我々大人の感動追求に嵌ってしまっていないかと問いなおしました。
昨年から『子どもが主役の作品展』『日常の生活・あそびの積み重ねが活きる作品展』を目指して革新の取組みを進めています。さてその成果はどうでしょうか?じっくりと作品に向き合ってみてください。